メダカの飼育に適した水質と水温

メダカにとって水は命と同じものです。飼育するための水が汚れていたり、メダカに適した温度でなければ、メダカが弱ってしまったり、病気になってしまう可能性が高まってしまいます。

スポンサーリンク

汲み置きした水道水が最も安全で手軽

メダカを飼育するのに最も適しているのが、1日程汲み置きしておいた水道水です。日本の水は世界の中でもトップクラスに綺麗な水で、滅菌のために含まれているカルキや塩素を抜いてしまえば、これほど飼育に適した水は無いといえます。

ただし、前述したように、水道水にはカルキや塩素が入っています。水道水をそのまますぐに飼育水に利用してしまうと、メダカがショック症状を起こして弱ってしまいますので、バケツに汲み置きして1日程放置して、塩素やカルキが空気中に放出されるのを待ちましょう。

また、綺麗な水が良いのであれば、ミネラルウォーターや井戸水、湧き水を利用すればよいのでは?と考える人も少なくありませんが、これらの水はその土地や商品によって水質に違いがあります。後で述べますが、これらの水がメダカを飼育するのに最適なph(ペーハー)で無い場合が多く、水合わせを慎重に行う必要も出てくるのです。

そういった意味でも、メダカの飼育環境に最も適した飼育水が水道水であり、最も安全で手間のかからない方法なのです。

飼育に適した水とそうでない水

  • 水道水(◎)・・・最も適している
  • 井戸水(〇)・・・適している
  • 河川水(〇)・・・適している
  • ミネラルウォーター(△)・・・あまり適していない
  • 海水(×)・・・適さない
  • お湯(×)・・・適さない

ph(ペーハー)とは?

酸性かアルカリ性かを測るための指標として、ph(ペーハー:potential Hydrogen, power of Hydrogenの略)と呼ばれる尺度が使われています。この値が小さくなればなるほど酸性が強く、逆に pH が大きくなればなるほどアルカリ性が強くなります。メダカに最適なphは6.5~7.5と言われており、繁殖を促すには弱酸性がよいとされています。

しかし、メダカを飼育していると、このphの値が徐々に酸性に傾いていきます。そして、水質が酸性に傾きすぎると、病気が発生してしまいます。ただし、メダカは水質の適応範囲が広いので、水質を綺麗に保っていれば、そこまで気を使うこともないでしょう。

尚、このphの値を測るための道具も販売されており、ペットショップで「水質検査キット」等の名称で販売されています。

グリーンウォーターで稚魚を育成する

グリーンウォーターと呼ばれる水があります。メダカを飼育していると、いつのまにか水の色が緑色になってしまうことがありますが、この緑色の水こそ、稚魚の育成に最適と言われている緑水(グリーンウォーター)なのです。

グリーンウォーターはクロレラや緑藻類等の植物性プランクトンが繁殖した水で、メダカにとって高い栄養価を誇るエサとなります。デメリットとしては、水の色が透明でなくなるので、メダカの鑑賞がしづらくなり、見た目的にも綺麗でないことから、敬遠する人も少なくないという点です。

また、植物性プランクトンがあまりにも増えすぎると、メダカが酸欠を起こしてしまいます。サラサラとしたグリーンウォーターが、ドロドロとして粘り気が出てくるようであれば要注意です。

グリーンウォーターの作り方

作り方は簡単で、グリーンウォーターを作りたい水槽を、日光の良くあたる野外や窓際に置き、メダカを飼育していた水(種水)をその水槽に入れて放置しておくだけで、1週間~10日程でグリーンウォーター化してきます。

また、メダカを飼育している水槽を野外に置くだけでも緑化します。すでにグリーンウォーターが出来上がっている水槽があれば、その水を別の容器に移して水を足すだけでもOKです。

注意点として、緑化させたい水槽には、あまり水草を入れないようにします。水草や浮き草には水質の浄化作用がありますので、緑化のスピードが遅くなったり、或いはまったく緑化しないとうい場合もあります。

メダカの飼育に適した水温は18度~28度

メダカが最も活発になる水温は18度~28度の間と言われており、この水温の範囲内で保たれた水槽内では、メダカは活発に行動し、エサもよく食べます。

尚、メダカは変温動物なので、水温が徐々に上昇したとして、40度近い高温にまで耐えることもあります。また、冬期の氷が張ってしまうような池や水槽の中でも生き抜き、水槽の底でジッと動きを止め、氷が解ける春を待つのです。

しかし、極端に水温が高い、または低い環境では、丈夫なメダカも弱ってしまいます。暖かい水から突然冷たい水に移動させる(その逆も然り)といったことはしないでください。どうしても水温差のある環境に移さなければならない場合は、必ず水合わせ(メダカの引越しの頁を参照)を行うようにしてください。

水温によるメダカの様子の変化

メダカは水温が15度を下回ると、徐々に動きが鈍くなってきます。0~5度まで水温が下がると、水底でじっと動きをとめて、殆ど動かなくなります。逆に、水温が30度を超えるような環境でも元気が無くなり、食欲も落ちてしまいます。

先の項目でも書きましたが、メダカは急激な水温の変化には弱い生き物です。水温の変化が大きいと、それがストレスとなってしまい、病気になったり弱ってしまう可能性が高くなってしまいます。

メダカを飼育する上で理想の水温は、15度~28度の範囲と覚えておいてください。この範囲内で水温を保つことができれば、メダカは活発に動き回り、食欲も旺盛でスクスクと育っていきます。また、産卵の頻度も高まっていくのです。

水温の調整について

メダカの鑑賞を一年中楽しむ場合、夏であれば水を冷やし、冬であれば水を温めるといった対処を行う必要があります。

室内がとても冷え込んだ場合であれば、水槽を温める専用のヒーターを利用して、水温を上昇させます。冬場でも水温を温めることで、メダカは活発に行動してエサも良く食べるようになります。

ただし、水温を急激に温めすぎるとメダカが弱ってしまいますので、温度調整は慎重に行うようにしてください。

一方、夏場は水温が上昇しやすくなります。特に、窓際に水槽を置いている場合、水温があっという間に上昇してしまいます。水槽の容量にもよりますが、40度近くにまで水温が上昇することも・・・。そうならないためにも、窓際に水槽を置いている場合は、カーテンを閉めたり、よしず等で直射日光を遮るといった配慮が必要になってきます。

また、野外水槽においても、夏場の直射日光であっというまに水温が上がってしまいますので、野外水槽にもよしづ等で日陰を作るようにして、温度の急激な上昇を抑えるようにしましょう。

スポンサーリンク
ペットの万が一に備える。ペット保険の資料一括請求サービスでペットも安心。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする