メダカの引越しについて

メダカを飼育する上で最難関とされているのが、メダカの引越し作業です。購入したメダカ、外から捕まえてきたメダカであっても、この引越し作業が上手くいかなければ弱ってしまい、最悪の場合死なせてしまうことも。メダカは丈夫な魚ですが、急激な環境変化には弱いので、水槽の水に少しずつ慣らしていくことが重要です。

メダカを水に慣らす「水合わせ」は必ず行う

水合わせとは、購入してきたメダカを、予め準備しておいた水槽の水に「慣らす」作業のことで、この作業をしなければ、最悪の場合全てのメダカが全滅してしまう可能性もあります。

元々メダカが飼われていた水質と、こちらで準備した水質とでは、水温やph(ペーハー)に違いがあります。その変化によってメダカがショックを受けて、著しく体調を崩してしまうのです。

このショック症状を出さないためにも、購入してきていきなり水槽の中に入れるのではなく、徐々に水に慣らしていく水合わせを必ず行うようにしてください。

スポンサーリンク




最初が肝心な水合わせ

水合わせは、塩素(カルキ)を抜くために1日程汲み置きした水にメダカを慣らしていく作業のことで、この作業をすることで、その後のメダカの運命を決めるといっても過言ではない程、重要な作業です。

この程度の作業が面倒に感じるならば、はっきりいって、メダカの飼育には向いていないということになります。それ程、メダカの飼育において重要なウエイトを占めている作業なのです。

この水合わせをしっかりと行っておけば、水槽の水質に順応したメダカは、その後もすくすくと育っていくことでしょう。しかし、どれだけ上手に水合わせを行ったとしても、元々弱っていた固体や病気を持っていた個体、または、丈夫であった固体でも、死んでしまうことがあります。

水合わせの基本的なやり方(方法)

  • メダカの入ったビニールを水槽に浮かべる(約30分)
  • ビニールを空けて、その中に水槽の水を少しいれてなじませる
  • 暫く様子を見た後、アミ等でメダカをすくって水槽の中に入れる

水合わせのポイントとして、最低30分は水槽の中に浮かべて、ビニールの中の水温と水槽の温度を同じに合わせることです。そして、温度が同じになった後、今度は水槽の水をビニール袋の中に入れて、水質に対してメダカを慣らします。

注意点としては、購入時に入っていたビニールの中の水は、水槽の中には移さないという点です。万一、ショップ側の水槽に何らかの病原菌が入っていた場合、その菌を水槽の中に入れてしまわないためです。

そして、もし袋の中に元気の無いメダカが居たら、水槽とは別の容器に隔離して、病気の治療に当るようにします。これは、他の健康なメダカに病気が移ってしまわないための配慮です。

さらに丁寧な水合わせ

少しでも慎重を期すならば、さらに丁寧な水合わせを行うことをオススメします。基本的なやり方は先ほど説明した通りですが、以下の手順でさらに丁寧な水合わせを行うことが可能です。

  • ビニールごと水槽に浮かべて10分待つ
  • 袋の中に水槽の水を少し入れる(コップ半分程度)
  • 水槽の水にビニールを浮かべてさらに10分待つ
  • 再びコップ半分程度の水槽の水を入れる
  • この作業を2~3回繰り返す

数回この作業を繰り返せば、ビニール袋の中の水質と温度は、水槽のものと殆ど変わらない状態となります。さらに慎重を期す場合は、上記の方法で水合わせを行った後、水槽に1匹だけメダカを移してその様子を観察し、問題なさそうなら他のメダカも全て水槽に入れます。

一週間程は要注意

水合わせを完璧に行ったとしても、一週間程は注意してメダカを観察する必要があります。どれだけ上手に水合わせを行っても、相手は生き物なので絶対はありません。ある日突然、メダカが全滅していたということも起こり得ます。

水槽に入れて直ぐは、メダカも突然の環境の変化に戸惑っています。しかし、暫くすると落ち着いてきますので、この時点で少しだけエサを与えてみてください。与えた分をちゃんと食べきるのであれば、徐々に適量まで増やしていきます。

もし、このタイミングで死んでしまうメダカがいれば、そのメダカが病気を持っていた可能性もあります。すでに病原菌がその水槽に入ってしまった可能性もあるので、その場合は水槽の水を全て入れ替えるようにしてください。

この様な事態も想定されますので、汲み置きの水は予め多めに作っておくようにしましょう。

2日目~1週間もすれば、メダカも新しい環境に慣れ始め、あちこちを活発に泳ぎ回るようになります。えさも活発に食べ始めるタイミングなのですが、それでも元気が無いメダカが居るようなら、そのメダカが病気を持っている可能性もあります。別の容器に隔離して、様子をみながら治療も検討してください。

注意点として、しっかりと観察することは重要ですが、だからといって頻繁に様子を見たり、水槽に近づいてメダカをじっと見る、エサを与えすぎるということは行わないようにしてください。かまいすぎると、メダカにとってはストレスとなってしまうからです。

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク