野生メダカの分布について

野生メダカの分布

このページでわかること

  • 日本に生息しているメダカ
  • 海外に生息しているメダカ

スポンサーリンク

現在では、品種改良された様々な種類のメダカを目にする事ができますが、その品種改良メダカの元となった野生のメダカは、日本の各地に生息しています。

日本に生息しているメダカ

野生のメダカは世界各地でも見ることができますが、日本のメダカは北海道と琉球列島を除く日本の全土、そして韓国や中国の一部にも生息しています。

日本の野生メダカは、昔から日本各地の田んぼの近くでよく見ることができましたが、稲の学名、オリザ(Oryzasativa)と、日本メダカの学名、オリジアス・ラティペス(Oryzias latipes)は良く似ており、その名が示す通り、稲作地域とメダカの分布は一致しているのです。

また、日本に生息するメダカは遺伝子レベルで大きく分けて二分されており、北日本集団と南日本集団とに分類されています。
また、南日本集団はさらに9つの種類に分けられているのです。

尚、自然環境に生息している日本のメダカ(黒メダカ)は成魚でも全長は約3cm~4cm程で、自然環境に生息している殆どのメダカがこの種類と言われています。
さらに、日本メダカは自然環境を生息地としていることが多いため、「天然メダカ」や「野生メダカ」とも呼ばれています。

スポンサーリンク

海外に生息しているメダカ

海外でもメダカと呼ばれる種類はたくさん生息していますが、特に東南アジアに広く分布しています。
日本ではグッピーやジャワ・メダカが有名で、ペットショップ等でも購入することができます。

グッピーはシンガポール、ジャワ・メダカはインドネシアやタイ、マレーシア等の沿岸域に生息しています。

海外のメダカは日本のメダカと違って、グッピーの様な派手な色をした種類が多く、形も様々なものが見られます。

姿だけ見ると、日本のメダカとは似ていないと感じるのですが、海外のメダカも日本のメダカも同じ仲間なのです。

グッピー

原産はラテンアメリカと言われています。古くから熱帯魚として親しまれており、日本でも人気のある魚です。
しかし、日本での自然環境でグッピーを目にすることは殆どありません。

ジャワ・メダカ

インドネシア等が原産のジャワ・メダカは、日本でも人気のあるメダカです。
インドネシアから大量に輸入されています。